QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

自分で歌わせといて怒る記者

ストーカー規制法違反罪で罰金30万円の略式命令を受けた落語家・月亭可朝(70)が8/28(木)、記者会見を行った。

デイリースポーツなどが「話し方や表情に、後悔や反省の色は見えず。自身の大ヒット曲『嘆きのボイン』の節に乗せ(中略)心境を語るなど、まるで独演会だった」と批判している。
http://www.daily.co.jp/gossip/2008/08/29/0001387931.shtml

しかし、8/29(金)放送のテレビ朝日「スーパーモーニング」をみると、どこかの記者がそうするように促したから唄ったのだ!!

>空気が一変したのは、「『嘆きのボイン』で事件を振り返ってください」と問いかけられた時だった。
>可朝は少し口ごもりながらも、♪可朝は~と一節を歌い切った。その途端、シラ~ッとした空気が。
>「歌をリクエストをしたのは、芸能記者歴40年以上という重鎮です。可朝も他の記者なら断ったでしょうが…。
>この重鎮記者も『あんな重大事件を起こして、復帰会見なんて早すぎる。しかも、感謝を連発するなどキレイごとしか言わんかったからね』と怒っていました
http://www.zakzak.co.jp/gei/200808/g2008082908_all.html
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1219905687/l50

8/28(木)放送のTBS「イブニング・ファイブ」内「本日のカワラBANG」などはその部分をカットし、いかにも本人が突然歌いだしたように報じ、「反省していない」とやっていた。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。