QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

テキトーなことを言った八代英輝

9/26(金)放送のテレビ朝日「ワイド!スクランブル」内「ニュース眼力OH!」は、地検ごとに裁判員制度をアピールする'ゆるキャラ'が乱立しているという話題を取り上げた。

八代英輝「検察庁の考えることはよく分かる。検察庁って予算の取り方がヘタなんですよ。余計な予算がついちゃうと使い道が分かんないんですよ。で、地方の広告代理店に頼んでユルいキャラを考えてもらってこんな乱立になっちゃったんですけども、ま!大事なことはね、この作った裁判員のキャラクターをね、まぁ使うんなら使って(笑)、普及に努めていただければな、と」

 「フン(笑)」と鼻で笑って「公務員は予算を使い切ることしか考えてない。ま、せいぜい税金のムダ使いにならないように有意義に使ってください」とエリート意識を剥き出しにしていたが、川松真一朗に「これは職員の考案、手作り」と言われてしまい、元裁判官で'国際'弁護士を名乗る八代のいい加減さが明らかになった。事実でないことをいかにも事実かのように発言する口八丁ぶり。

 レギュラーコメンテーターなんぞといういい加減な仕事を引き受ける人間にはロクな者が居ないと改めて思った瞬間だった。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。