QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

借金目的のつきまといもストーカー規正法の対象になると思い込んでいる鳥越俊太郎

高知市愛宕町で9/19(金)、金融会社副社長・矢野登志子さん(70)が事務所兼自宅で刺殺され、高知市廿代町、無職・矢野恵一容疑者(57)が台湾で身柄を拘束された事件で、10/22(水)放送のテレビ朝日「スーパーモーニング」では矢野さんが事件の数日前、夫に「私、あの人につきまとわれて怖い」とか何とか語っていたという話から、自分が桶川ストーカー事件を取り上げたおかげでストーカー規制法ができたという自負があるもんだから、鳥越俊太郎が張り切っちゃって「昔はつきまとい行為は民事不介入だったけど、今は警察は動かなきゃならないんですよ。皆さんご存知ないかもしれないけど」などと言っていた。

しかしこの男の行為は借金をするためのつきまといだから、恋愛目的しか取り締まれないストーカー規制法の対象外なのだ。
http://www.npa.go.jp/safetylife/stalkerlaw/stalkerhomepage.htm

それというのもマスコミが「取材対象にストーカーだと言われたら取材できないじゃないか!」とゴネたからなのだ。鳥越俊太郎はご存知ないかもしれないけど!
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。