QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

広島・長崎五輪を賞賛するバカマスコミ

10/11(日)、広島と長崎が、2020年の夏季オリンピック大会の共同開催を目指し、招致検討委員会を設立することを表明した。

10/12(月)放送のテレビ朝日「スーパーモーニング」で、リポーターが「他の都市と比べて規模が小さい」など、不利な条件を提示すると、吉永みち子は「今の膨れ上がった五輪が、『平和の祭典』という五輪の原点から外れている。招致活動を通じて被爆について世界に知らしめることができるから、もし失敗しても」と防御線を張って招致を賞賛。

松尾貴史も「東京よりははるかに賛同できる」

鳥越俊太郎が「JOCは推薦してほしい」と言って締めた。

「平和」を理由にすれば何事も許してしまう日本の平和バカマスコミ。アメリカ国民や他国が「まだ何もしてないじゃないか」と批判的でも、オバマのノーベル平和賞を興奮して号外まで出して興奮して伝えるのもその流れ。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。