QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

とことん民主支持の高野孟

10/13(火)放送の「情報ライブ ミヤネ屋」が、温室効果ガスの25%削減を取り上げ、鳩山首相が国連の場で「25%削減」を宣言してしまったことについて、日ごろから民主擁護が過ぎる、自称ジャーナリスト高野孟が、「先にやりたいことを言って、どうやるかは後から考える。これで私はいいと思う。」などと発言、さらには「これが政治家としての正しい姿勢」とまで言い切った。言いすぎだろ!

さらに、司会の宮根が「日本国内の工場が海外に移転して空洞化してしまうんじゃないか」という恐れについて訊くと、高野は「公害輸出だ」と批判し、「利益だけ求める人はそうなるでしょう。地球市民としてどうするんだと考える人は出ていかないでしょう」などと、「地球市民」という気味の悪い単語を使ってまで民主を擁護した。本当に気味の悪い男だ。裏に何があるのか。なぜここまで民主を擁護するのか。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。