QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

好感度を上げようといい加減なことを言う川村晃司

6/1から75歳以上の運転者にもみじマークをつけることが義務化されるが、自民党から後期高齢者医療制度が問題になっている中マズイから延期しようという話が出ていることについて、5/26(月)、テレビ朝日「やじうまプラス」で川村晃司は「なぜ枯葉のマークなのか。思いやりがない」とかなんとか言って「今若葉マークがあるんだから、若葉マークでいいじゃないか」などと、まるで今回新しく作ったように話した。この男の実態が現れた瞬間だった。もみじマークは10年も前からあるし、この男の実態が現れた瞬間だった。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080525/plc0805251820003-n1.htm

若葉マークは免許取得から1年、貼らないといけないが、1年過ぎたら取らないといけないのだ。つけてもつけなくてもいいわけじゃないのだ。この男は自分がよく知らないことについて、さも知っているかのように話す無責任男。もみじマークは昔からあって、何年も前にNHK「ご近所の底力」がお年寄り自身がお年寄りに貼ることを勧めることで普及率が上がった、と喜んでいたことなど知らないだろう。

2005.02.17 放送
http://www.nhk.or.jp/gokinjo/backnumber/050217.html

「高齢者マークをつけるメリットを、既にマークをつけて走っている“先輩”が熱弁することで、マークのマイナスイメージをなくし、素直につけてもらえるようになります」と紹介している。高齢者が率先してつけているのだ。

石島康四郎さん(83)はこう語る「皆さん、この高齢者マークを“枯れ葉マーク”とか“落ち葉マーク”とか言っているようですが、とんでもないと私は思います。これは“ベテランマーク”とうものです。30年、40年と安全に運転を続けてきた証です。これを私は“ベテランの勲章”だと思ってつけて走っています」

そう、川村晃司はとんでもない男なのだ!!!!!!お年寄りに迎合して好感度を上げようと思ってんじゃねぇよ!!!お前こそが高齢者から批判されろ!!!!

もみじマーク

そもそも、もみじマークは正式名称「高齢者マーク」といい、デザインは7歳から89歳までの国民3,014人から4,548点の応募があった中から選んだものだ。

「黄色は、積極的に社会参加していくこれからの高齢者の明るさ、活発さを表現し、だいだい色は、家庭的な団らんや暖かさ、親しみやすさを表現し、共に運転者に必要な高齢者への思いやりを象徴している」のである

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h10/h100600.html

ちなみに、「マークの縁取りが黒いのもいかにも暗示的でけしからん」と言っているバカもいるらしいが、若葉マークだって縁は黒だ!!

若葉マーク
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。