QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

圧力に屈しないノルウェーを絶賛しつつ日本政府には弱腰外交を勧める朝日

10/9(土)付の朝日新聞社説は、中国当局による事前の圧力にかかわらずノーベル平和賞に中国の劉暁波氏が選ばれたことについて、「委員会は中国側の圧力に屈しなかった。高く評価したい。 」と絶賛。

 さらに「尖閣諸島沖の衝突事件や南シナ海での行動は、中国がルールに従わない国という警戒感を国際社会に与えた。 経済の相互依存が強まるなかで、国際社会は中国による普遍的価値の侵害に目をつぶりがちだった。人権問題を重視してきた欧米諸国も、最近は中国との関係維持を優先させていた。先のアジア欧州会議(ASEM)首脳会合でも厳しい注文はつけなかった。そうした風潮の中でのノーベル賞委員会の決定は、とりわけ先進国への警鐘として重く受けとめたい。」などと他人事のように上から目線で評してみせた。

http://www.asahi.com/paper/editorial20101009.html?ref=any#Edit1

 朝日新聞は9/30付の紙面で「対中国 政権ちぐはぐ 歩み寄り機運の中 衝突映像公開へ 対立蒸し返す恐れ」と題して、「経済的なうまみのためにビデオを公開するな」と、中国が無茶なことを言っても対立すること自体が問題だから日本が譲歩しないといけないようなことを言っていたじゃないか。「ビデオを公開せよと言うのは強硬論だ」などと言っていたじゃないか!お前こそまさに「受け止め」ろ!!

衝突ビデオ、全面公開見送り=日中関係改善を優先―政府・民主

中国国営通信社や共産党系のサイトで、海保の巡視船側が中国漁船に衝突したとする図などが掲載され、中国当局も放任

スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
異様な朝日社説

独裁体制を維持している支那よりも、先進国への警鐘であるという。

http://iwaiwa.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ab91.html
ノーベル平和賞についての各紙社説 独書録 October 10, 2010

よしかわ | URL | 2010年10月11日(Mon)22:18 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。