QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

こんにゃくゼリーを目の敵にするフジサンケイG

11/17(水)、兵庫県の男児(当時1)が2008年7月、祖母が与えた半解凍状態のこんにゃくゼリーをのどに詰まらせて死亡した事故で、遺族がマンナンライフに慰謝料約6200万円と商品の製造や販売に制限などを求めた訴訟の判決が神戸地裁姫路支部であり、中村隆次裁判長は「こんにゃくゼリーの硬さや水に溶けにくいことなどは、こんにゃくの特性であり、ゼリーの欠陥ではない」と述べ、遺族の訴えを棄却した。

 このニュースを産経は「消費者庁も危険性を警告する中、企業責任を追い続けた両親の思いは、司法には届かなかった」などと遺族に肩入れして感傷的に報じた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101117/trl1011171442013-n1.htm


 また翌11/18(木)放送のフジテレビ「めざましテレビ」7:06には、大塚範一が「幼児、高齢者には絶対に食べさせないでください』という警告が入ること自体どうたら。もっと安心して食べられるものが云々」と発言、なぜこんにゃくゼリーだけが問題にされるのかを疑問に思わず、なんとなく雰囲気で企業を批判してみせた。

スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。