QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

青木理が裁判員による死刑を批判

 11/28(日)放送のテレビ朝日「サンデー・フロントライン」内「これがニュースだ!」11:04、少年に対する死刑判決が下された件について、肩書きジャーナリストの青木理が「究極の国家権力行為に市民が取り込まれていく厳罰化の流れに懸念」などとコメント。左翼にとっては「市民の声が反映された」とはならない不思議。

2chログ

12/12(日)放送の同コーナーでは、またもこの男が、鹿児島市で2009年、高齢夫婦を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた被告に無罪判決が出たことについて、「裁判員制度には反対だが、このケースはよかった」などとコメントしていた。この男、とにかく「犯罪者に優しい社会」が目的なだけだろ。まさにキチガイサヨク!!
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なぜ厳罰化を懸念しなければならないのかわかりませんね
裁判員制度になって厳罰化するのであればいままで少年事件に対して刑が軽すぎたと考えるのが普通じゃないかな

| URL | 2010年12月02日(Thu)03:30 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。