QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

「1日1韓」のフジ「めざまし」、焼肉業界も擁護

 焼肉業界が「ロース」と表示しながらもも肉を、本来のロース肉を「特上ロース」などと偽って販売している問題で、消費者庁が改善を要請している件について、1/24(月)放送のフジテレビ「めざましテレビ」7:30前後に取り上げ、「じゃあ消費者はロースとももの違いが分かるのか」と言って食べさせ、10人中4人しか分からなかったとか言って、紹介したのがなぜか「分からなかった」方だけ3人

 3人の中に2人ほどだったか、ふだん焼肉店によく通っていて自信があり、焼肉店では脂身の少ない赤身が「ロース」だと思い込んでいるから間違えて当然で、考え方でいえばある意味あっていた。にもかかわらず、「焼肉をよく食べる人にも分からないんだから、呼び名を変えなくてもいいんじゃない?」というような印象を視聴者に与えようとしていた。

 また今回の消費者庁の対応についてのアンケート結果を発表する際には、「厳しすぎるという人が41%いた」と言って強調していた。

 だいたい全国焼肉協会の旦有孝理事からして、「これまで60年、メニュー名で『ロース』、『カルビ』といってきたんだから」と悪びれた様子がまったくないのだからあきれる。

 カルビはいいよ、「別名」だから。しかし「ロース」はいかんだろ。同じ名前の部位があるのに、「いや、これはメニュー名です」で通るか?赤身は「トロ」です、トロは「大トロ」というメニュー名ですで通るか?通らねぇだろ。

 2003年には回転寿司なんかで「銀むつ」と読んでいたのを「メロ」にしなきゃダメってことになったが、あれは別名でもダメだったのに、なんで焼肉業界は今まで野放しだったんだ?
2chログ
2chログ2

スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。