QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

TBS「インドの環境破壊は日本のせい。一方グリーンピース様は最高!!」

 12月5日放送のTBS報道特集」が偏向報道を行った。

 インドの石炭火力発電所が灰や排水で環境破壊を行っている。日本の融資で日本のボイラーを輸出したから日本が悪い!※ボイラーが日本製というだけ(24:58)。両親を亡くして12歳から炭鉱で働いているのも日本が悪い。一方、環境保護団体・グリーンピースは太陽光発電を設置してくださって最高!

なんだこれは!

韓国並に告げ口外交をして、日本に悪い印象を持つように誘導してやがるんだろう!

動画はこちらで見られます → news系動画まとめ 様

金平茂紀「温暖化防止に協力しているはずの日本ですが、実はヨーロッパでは温暖化防止に後ろ向きな国と見られていることは、あまり知られていないのではないでしょうか」(18:45) ※うれしそうだな。視聴者に外国にどう見られているかを気にさせて、日本の方向性を変えようというやり口

石炭火力発電のエネルギー効率がいいとは言っても、CO2排出量は天然ガスの2倍(19:57)

2013年以降、先進国が次々と海外の石炭への投資を制限する中、石炭火力発電所に投資を続ける日本、温暖化防止の声が高まるヨーロッパにとって、日本は悪役扱いだ(20:20)

私達が日本のメディアだと知ると、住民が次々と被害を訴えてきた(25:21)→発電所の取材をしているから、だろ?

灰の汚染で飲み水に黒いものが混じる

細かく砕いた石炭の山から石炭が風で飛んで作物ができなくなった(28:45)

発電所の村長「日本の融資は地元の発展ではなく破壊につながった」(29:03) ※「日本が融資したんですよ」と告げ口したんだろう

火力発電所で使う石炭を掘っている炭鉱で働く賃金は1日300ルピー(約550円)、発電コストが安い理由の1つだ(30:12)。

ダイナマイトによる発破作業で地響き(30:58)

日本の資金が入っていない発電所はさらに過酷(32:00)。さすがにこれは誤魔化せなかったか。

初めて電気が通った村、環境保護団体・グリーンピース様が太陽光発電を設置してくださった(36:50)。外灯がついたことで、女性たちの外でのおしゃべりも増えた、夕食も暗くなってから作ればよくなった、子供たちもよる勉強したり遊んだりすることができるようになった。子供「電気のおかげで全部楽になったの」 ※そりゃ今まで電気がなかったんだから、生活は豊かになるだろう。石炭発電だったとしても同じ感想のはず。

グリーンピースの男「電気は女性たちを活気付け、大きな自信を与えました。村の人たちは、気候変動やなぜ干ばつが起きるのかという話題も出るようになった」はぁ?お前が洗脳してんだろ!

貞包史明「日本はアメリカの圧力もあって、先月ようやく石炭火力の輸出に関して一定の制限を設けるようにしました(←はぁ???何でCO2削減に一番消極的なアメリカが圧力を掛けるんだ??)。石炭火力から出るアッシュポンドを見て、問題はあるとしても、廃棄物を貯める場所がある、原発にはないんだと思いました(42:00)。名古屋大学大学院の教授がおっしゃっていたんですが、再生可能エネルギーの技術は日本は世界一だ。ただ市場で負けている。産業界が古い原発や石炭火力に固執しているからだ。それを変えるのは政治の決断しかない」 ※産業界が固執って…単に値段が高くて元が取れないから需要がないだけだろ。それに技術では中国にも負けてるんじゃないのかよ?

houtoku20151205-0.jpg

houtoku20151205-1.jpg

houtoku20151205-2.jpg

houtoku20151205-3.jpg

houtoku20151205-4.jpg

houtoku20151205-5.jpg
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。