QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

川田亜子を5秒で済ますTBS

5/26(月)に元TBSアナ・川田亜子(29)が練炭自殺したことについて、5/31(土)のTBS「ブロードキャスター」の「お父さんのためのワイドショウ講座」で10位と、まっさきに登場したのに、番組ではその題名を読み上げるだけのたった5秒ほどでさっさと次へ

TBSを辞めやがったから冷たくした、としても、元TBSアナで仲間だから配慮してそっとしておいたとしても、どちらにしても大問題だ。他の有名人が自殺したとしたらこれではすまないだろう。テレビというのは公共の電波なのだ。自分たちの都合で取り上げ方に差別があっては国民たまらない。

それと今回疑問なのは、以前エイチ・エス証券副社長、野口英昭さん(38)の時、マスコミは「あれは自殺じゃない」と大騒ぎで検証していたのに、今回は自殺に疑いを持っていない点だ。

6/1(日)

日本テレビ「ザ・サンデー」に登場した鳥越俊太郎は、密葬にもかかわらず、自分はそこに出席できたことを暗に自慢するように、「お父さんは泣いておられた」などとペラペラ喋り、新しく買ったカメラで撮ったという川田さんの「はじけるような笑顔の」写真を晒して「こんな女性が自殺なんてしますか?」などと言った。じゃあ本当に自殺だったのかどうか検証しろよジャーナリスト!

TBS「サンデージャポン」では最後の最後にあっさり伝え、青木裕子に「ご冥福をお祈りします]と言わせて、誰もコメントせずCMへ行き、そのまま番組が終わってしまった。なんたる白状!!!
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。