QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

晒されない犯罪者

5月15日午前0時ごろ、東京都港区南青山の表参道交差点付近の路上で、通り掛かった20歳代の女性に向かってファスナーを開き局部を露出した、東京都目黒区に住みテレビ朝日報道局ニュース情報センター社会部の司法担当の記者で東京地検特捜部の事件を取材する島本光規(29)が公然わいせつの疑いで現行犯逮捕された。

当時勤務中で酒は飲んでいなかった。

「出したことは間違いない」と容疑を認め、テレビ朝日広報部は「報道に携わる者がこのような容疑で逮捕されたことは誠に遺憾です」との談話を出したが会見は行われず、なぜか島本の写真は提供されず、卒業文集の朗読も行われず、近所の人への聞き込み、住まいの映像、家族構成の情報すら伝えられることはなかった。

しかも読売、FNN、産経がなぜか匿名。
このパターンは逮捕はされたが、既に釈放されたので、というパターンなら聞いたことがあるが、
逮捕されたままの犯罪者を匿名で報じるのはどういう理由からか。
「ウチの社員が粗相した時も手心を加えてね」ということだ。間違いない。

5/15 17:20頃、フジテレビ「スーパーニュース」で、事件のVTRに映った島本の映像が晒された。

しかしネットのFNNでは匿名のまま。読売と産経はいつの間にか実名に。


 5/16 6:13頃、テレビ朝日「やじうまプラス」が自らの取材ではなく、まるで他人事のように新聞記事を読み上げる形で事件を伝えたが、写真も晒さず、ただのアナウンサーのくせに記事を読むだけでは飽き足らず、いつもエラそうにコメントしやがる川島淳は何も言わず、スタジオトークもなし。記録、記録と。

スポンサーサイト

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。