QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

自らの高給ぶりは隠して公務員批判するテレ朝

6/5(木)のテレビ朝日「ワイド!スクランブル」内「夕刊キャッチアップ」は、公務員の高給ぶりを批判する日刊ゲンダイの記事を紹介。

「みどりのおばさん」は実は地方公務員で、東京都練馬区の場合、平均年収は802万円(06年)、町田市の給食調理員の平均年収は728万円、町田市における公用車運転手の平均年収は805万円。

これに対し、東京都のタクシー運転手の平均年収は379万円(07年)、国税庁の「民間給与の動向調査」によれば、民間従業員の平均年収は435万円(06年)、資本金が10億円以上の大企業でも616万円。

この大企業の数字には男性733万円、女性307万円という開きがあるのに、日刊ゲンダイにも書かれたその部分を、公務員の給与が高いと印象づけるために「読み飛ばし」、国家公務員の平均年収は712万円(06年)、地方公務員は728.8万円(07年)と言い、



藤井暁
テレ朝の平均年収が1355万円であることには触れず、「官民格差が言われている中、このデータを皆さんはどのようにお感じになるでしょうか」などと言い放って終えた。


この記事は、三流新聞の日刊ゲンダイが「公務員の給料は高すぎる!」と言うから成り立つんであって、公務員の2倍の高給取りのテレ朝が言ったら笑い話になってしまう。
スポンサーサイト


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。