QLOOKアクセス解析 ブログパーツ

民間では考えられない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

法相が死に神なら朝日は何だ

朝日新聞6/18夕刊1面コラム素粒子が鳩山邦夫法相を「死に神」呼ばわりして問題になっている。

犯罪を犯して死刑になった人間に死刑執行のハンコを押して死に神なら、犯罪を犯してまだ逮捕されていない人間について記事を書くことで自殺に追いやることも許されないはずだから、朝日は記事を書いてはいけない。

5/27の社説では、選挙運動中の長崎市長を射殺した元暴力団幹部に死刑判決が下ったことに「十分うなずける」としていた朝日。
http://allatanys.jp/A003/20080527.html

死刑に賛成しておいて、執行されたら「死に神」ですかい?それとも、この事件は「言論に対する脅威」だから、「これで自分たちの安全は確保された。でも幼女4人殺そうがそんなのは関係ない。犯罪者の命の方が尊い」ってか?

週刊文春2008年7月3日号によると、これを書いたのは論説委員の加藤明だそうだ。

スポンサーサイト

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。